芸術にも触れられる飛騨高山美術館
Hida Takayama Museum of Art , which is also touched on art

芸術にも触れられる飛騨高山美術館

美術品や工芸品鑑賞を趣味にする人は多く、休日や旅行先で美術館巡りを行う人もいるでしょう。岐阜県高山市にある「飛騨高山美術館」は、ミシュラン3つ星を獲得した世界有数の美術館です。こちらでは、その魅力についてご紹介します。

アール・ヌーヴォーの「美」

飛騨高山美術館では、ヨーロッパの香り漂うガラス工芸作品や家具、調度品が多く展示・保存されています。19世紀末にヨーロッパで花開いたアール・ヌーヴォー様式は、当時はもちろん現代の日常生活内にも多く取り入れられており、今もなお美の作品として多くのファンに愛されています。

飛騨高山美術館では、繊細なガラス作品やインテリア作品などの装飾芸術にスポットを当て、約1000点に及ぶ作品を収蔵しています。また、常設展示もガラスとインテリア作品の2種類に構成され、約200点が常時展示されているため、いつでも気軽にアール・ヌーヴォーの世界に触れることができます。そのため観光客にも人気があり、おすすめスポットとして知られています。

美術館にある優雅で美しい作品たち

ルネ・ラリックの噴水

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケード(ルネ・ラリック作)の噴水は、高さ約3メートルあり存在感の強い芸術作品です。アール・デコ期の作品の中でも、世界で唯一現存するガラスの噴水とされ、上部のお皿の縁部分から直線的に水が落ちてくる光景は美しく、大変魅力的です。

ルイス・ティファニーのランプ

ルイス・ティファニーのランプ

「18灯リリーランプ」は、ルイス・カムフォート・ティファニーによる作品です。1880年代に白熱電球が発明されたことで、光源が下を向いたランプの制作が可能となり、リリーランプのようなデザインができるようになりました。

この作品は1902年にトリノ万博にも出品され、グランプリを受賞しています。乳白色を帯びた18本のユリの花は、その色合いの美しさから今もなお人気を集めています。

岐阜県にある飛騨高山美術館への観光を計画中でしたら、宿泊先としてビジネスホテル「ホテル花」をご利用ください。高山駅から徒歩約5分、美術館から車で約10分の距離で、観光地はもちろん駅への移動もしやすいビジネスホテルです。

また、宿泊されるお客様へのおもてなしとして、朝食無料サービスなども行っております。低価格で満足できるようなビジネスホテルをお探しの際にはぜひお越しください。


↑Pagetop