高山市のちょっと変わった観光スポット
Unusual sights of Hida Takayama

高山市のちょっと変わった観光スポット

観光スポットの多くは、旅行者向けの観光雑誌やパンフレットなどで紹介されています。しかし、旅行慣れしている方からすると、どれもこれも同じ内容に感じてしまうこともあるでしょう。

中には、普段あまりアピールされない隠れた観光スポットを知りたいという方もいらっしゃると思います。実は岐阜県高山市にも、やや穴場的で少し変わったスポットがあります。この機会に訪れてみませんか?

飛騨開運乃森

高山市西之一色町にある「飛騨開運乃森」に足を踏み入れた瞬間、真っ先に目に飛び込んでくるのが江戸時代に造られた米蔵です。サイズの大きい米蔵が立ち並ぶ光景は一見異様に感じますが、実は小屋の一箇所ごとに巨大な七福神が祀られています。

この七福神は樹齢1000年の大木を丸ごと使用しており、素朴な形に彫り上げられた福の神の姿を目にすることができます。まるで異空間に迷い込んだような気分になりますが、ちょっと変わったスポットとして訪れてみるのもおすすめです。

からくりミュージアム

全国各地から集められた、重要有形民俗文化財「獅子頭」をはじめ、山村の生活用具や祭りに関する用具、美術・工芸品などが「からくりミュージアム」に展示されています。からくりミュージアムは、高山市の古い町並みの中に紛れるようにあり、実演場ではからくり人形によるオンステージを実際に目にすることができます。

自動でお茶を運んでくる人形をはじめ、人が操っているとは思えないほどスムーズで滑らかな動きの人形など、様々なからくり技をお楽しみ頂けます。美術・工芸品の魅力に触れるスポットとしていかがでしょうか。

でこなる横丁

2015年9月に立ち上げられた新たな観光スポットが、「高山まちなか屋台村」称する「でこなる横丁」です。地元の人はもちろん、国内・海外からの旅行者との異文化交流の場所として少しずつ人気を高めています。

並ぶテナントでは、高山ならではの郷土料理をはじめ、はしご酒の合間に気軽に立ち寄れる射的場や手裏剣道場など、大人でも楽しめるようなテナントが並んでいます。食文化を通じて老若男女共に楽しめる「でこなる横丁」は、観光スポットとしてこれから益々注目されていくでしょう。

岐阜県高山市で、ちょっと変わった隠れ観光スポットを探している方は、高山駅からもアクセスしやすい宿泊施設「ホテル花」をご利用ください。低価格でお客様にご満足頂けるような、おもてなしサービスをご案内いたします。

中でも朝食無料サービスは、宿泊されるお客様からお喜びの声を頂いております。旅行宿泊先がお決まりでないのなら、この機会にぜひお越しください。


↑Pagetop