飛騨高山だけじゃない岐阜県の魅力
Charm of Gifu, not just Hida Takayama

飛騨高山だけじゃない岐阜県の魅力

岐阜県と聞いたとき、すぐに飛騨高山を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、岐阜県には飛騨高山以外にも多くの人気スポットが存在しています。こちらでは、国内外から人気を集めている岐阜県の魅力についてご紹介します。

岐阜県の特徴

日本の丁度真ん中あたりに位置する岐阜県は海に面しておらず、山や自然が比較的多い場所です。気候に関しても、起伏に富んだ地形が影響し、美濃地方(岐阜)と飛騨地方(高山)では気象の特性も異なっています。岐阜は夏場に高温を観測することもあり、冬は1・2月が最も寒くなります。

一方、高山の夏は岐阜に比べると比較的過ごしやすく、冬は12月から3月にかけて低い気温が続くのが特徴です。岐阜県は体感温度の差が大きい場所でもあるため、旅行時の服装には気をつけることが大切です。

また、岐阜県は約3万年前から人類が活動していたとされ、濃尾平野では旧石器時代(後期)のものとされる遺跡も数多く発見されています。その他、戦国時代には織田信長の活躍の場となり、関ヶ原の戦いの地になった場所でもあります。そのため、観光客以外に日本歴史ファンも多く訪れています。

魅力ある観光スポット

岐阜県は美濃地方・飛騨地方共に、魅力が詰まった場所が数多くあります。旅行者が知っているようで実は知らない、そんな岐阜県のおすすめスポットの中から、いくつか簡単に取り挙げます。

日本三大名湯「下呂温泉」

有馬温泉(兵庫県)や草津温泉(群馬県)と共に、「日本三名泉」とされているのが、下呂温泉です。温泉が発見されたのは平安時代の中頃とされ、大変古い歴史を持っています。泉質はアルカリ性単純温泉で、下呂温泉に入ると肌がツルツルと滑らかになることで人気です。

長良川での「鵜飼(うかい)」

夏の風物詩として、毎年テレビなどで目にすることも多いのが長良川の鵜飼です。鵜飼開き後、増水や中秋の名月を除いた毎晩行われており、多くの観光客が訪れています。

鵜に鮎を捕らせる伝統の姿に、心奪われて夢中になる方もいらっしゃいます。長良川の船上で食事を楽しみつつ、鵜匠と鵜の芸術を堪能してみるのもおすすめです。

岐阜県へのご旅行・宿泊を計画中でしたら、飛騨高山以外の観光スポットを巡るのも良いでしょう。高山市にあるホテル花は、低価格の宿泊施設です。朝食無料サービスをはじめ、様々なサービスでおもてなしいたします。宿泊の際にはぜひご利用ください。


↑Pagetop