飛騨高山の古い街並みを楽しむポイント
Point to enjoy the old streets of Takayama

一人旅や家族旅行、出張などで足を運ぶ旅先ではたくさんのお土産を購入してしまいがちですが、旅先ではお買い物をするだけでなく現地の文化や歴史に触れて楽しむ方法があります。飛騨高山では古い昔から受け継がれている歴史や文化を感じることができる古い街並みをお楽しみ頂けます。こちらでは飛騨高山の定番スポットである古い街並みを楽しむポイントをご紹介致します。

昔ながらの雰囲気を楽しむことができる色合い

江戸時代にタイムスリップしたかと思うような雰囲気がある高山の街並みは、全体的に黒に近いこげ茶で統一されています。これはベンガラに煤を混ぜて着色しているという工夫が取り入れられているのです。

屋根の形と軒先にある用水路

江戸時代には隣の家や軒高、立面を揃える決まりがあったため、高山の街並みには隣の家と高さが揃っているという大きな特徴があります。そのため2階の屋根は高さが異なる場合でも、1階の軒は一直線を描くように綺麗に揃っていることが多いのです。

昔ながらの雰囲気を楽しむことができる町家は見た目だけでなく、構造にも昔ならではの工夫が施されています。屋根の形に注目してみると斜辺が緩やかになっており、軒下には用水路があることに気がつくでしょう。このように屋根の形は屋根に積もった雪が道路に落ちないようにするため、用水路は溶かした雪を流すために取り入れていたのです。

家ごとに異なる格子

高山の町家を観察する場合は、それぞれの家ごとによって異なる格子にも注目することをおすすめします。一見格子は同じサイズに見えますが、じっくりと見てみると隙間や目の大きさなど細かい部分に違いがあるのです。

このように飛騨高山の古い街並みを楽しむ方法は、低価格な予算で旅行や出張を楽しみたい方にもおすすめです。古い街並みと呼ばれるさんまち通りは、高山駅から徒歩10~15分の場所にあります。高山駅近くにあるビジネスホテルをお探しの方は高山駅から徒歩5分の場所にあるホテル花をご利用ください。朝食無料といったサービスを取り入れておもてなしをさせて頂いているビジネスホテルです。


↑Pagetop